Information

協会の活動・お知らせ

2023年8月29日 – 厚生労働省職業安定局長との意見交換会が開催されました

 今年度2回目となる厚生労働省と人材サービス業界7団体との意見交換会が、8月29日に厚生労働省において開催されました。

 厚生労働省からは、山田職業安定局長、石垣大臣官房審議官(職業安定担当)、中嶋需給調整事業課長、村野労働市場基盤整備室長、浅沼民間人材サービス推進室長等が出席されました。当協会からは、清水会長、青木副理事長が出席しました。冒頭、山田局長から、「政府においては、構造的に賃金が上昇する仕組みを作るため、三位一体の労働市場改革を進めることとしている。人材サービス業界と連携して取り組んでいきたいので、ご理解ご協力をお願いしたい」との挨拶がありました。

 会議では、人材サービス業界団体からそれぞれの三位一体改革に関連した取組みが報告され、当協会からは、「2020年に策定した将来ビジョン2030ならびに中期事業計画に基づいて、
①人材余剰分野から人材不足分野への円滑な労働移動
②教育・研修とインフラ整備によるキャリア・スキル・処遇のアップに取り組んでおり、キャリア面談の実施体制の整備、設備保全分野での人材育成を実施している。これらは、三位一体改革と軌を一にするものである」と報告しました。
 その後、産業界で必要とされるスキルを有する人材育成の具体例や課題等について意見交換が行われました。
 最後に、山田局長から、「人材サービス業界は価値ある仕事であり、派遣事業も重要な役割を果たしている。これらについて、社会に十分理解していただくことが重要であると認識しており、行政としても取り組んでいきたい」との挨拶がありました。

 3回目の意見交換会は、来年1~2月に、厚生労働省幹部と各団体トップと個別に行われる予定です。

Copyright © Japan Business Process Outsourcing and Staffing Association ALL Right Reserved.