入会のご案内 会員サービス 会員ログイン 協会案内

会長挨拶

会長挨拶

 | 人材サービス事業者団体|一般社団法人 日本BPO協会

 平素は、当協会の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 東欧や中東情勢の混乱など、国際情勢は予断を許さない状況が続くものの、新型コロナウイルスの感染拡大により大きな影響を受けた日本経済はようやく日常を取り戻し、明るい兆しがみられます。景気は緩やかに改善し、賃上げ、設備投資、株価などはいずれも30年ぶりの高水準となっています。

 一方で、AI、DXなどデジタルテクノロジーの進展は目覚ましく、産業・社会構造の変化の更なる加速が見込まれます。人手不足は社会全体の課題となり、私ども人材サービス業界も大きな変革を迫られています。変革への対応の一つに、業界固有の人的資本を産み出すことがありますが、そのために、私たちに何ができるのか。成長分野での仕事では、業界の過去の中心だった「受け身の学び」から脱却し、個人で「考えるきっかけ」を意識して自己啓発することが求められるようになっています。働く人が自分の役目と居場所を見つけるためにも、「問うチカラ」を身につけられる支援が、私たち人材サービス事業者の新たな使命となるでしょう。
 また、女性・高齢者・障がい者、グローバル人材などの「多様な人材」が「多様な働き方」のできる社会を時代の大きな波にするために、業界が変化する活力を与え、働く人がどのような環境にあっても、常に人に寄り添い互いに支え合う関係を築いていきたい。
 さらに、昨今動きつつある「内部労働市場と外部労働市場のシームレス化」にも大きな役割を担い、新しい日本の雇用ポートフォリオを支えるための手立てを講じていきたい。
「過去の経験を公式にはしない」という強い想いがなければ、「人材サービス資本」の価値を最大化していくことはできません。高度化が求められる人材ビジネス市場で知恵を出して、仲間である会員企業を増やすとともに、会員企業の発展を図り、協会の活力としていきたいと考えています。

 協会は、2020年に策定した「将来ビジョン2030」で「働く人・取引先企業・会員企業のトリプルウィン」をビジョンとして掲げ、人材育成・キャリア形成の支援、課題解決のための情報交換・勉強の場の拡充などに取り組んでいますが、その原点は、この業界で働く人すべてが幸福感を感じることであり、それが人材サービス業の存在意義と考えます。私はそれを成し遂げるため、30余年にわたる協会の活動実績を踏まえ「日本BPO協会ならではの役割」を会長としてリードしていきますので、一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。

2024年6月                 
一般社団法人日本BPO協会  会長 清水 竜一


Copyright © Japan Business Process Outsourcing and Staffing Association All Rights Reserved.